soul food

海外居住時及び長期滞在時に食べたくなるものがある。
味噌汁の具を持って行くというのを、昔良く聞いた覚えがある。
さらに昔の日本人の場合は味噌、梅干し等であろうか。
僕の場合は餡子。
日本に戻ると上野京都の餡子を買いに向かうというのがパターンであった。
さらにはキドニービーンズ(赤インゲン豆)を代用して作ったこともあった。

そして死ぬ前に何を食べたいか?
いつも食べている玄米、鶏肉、豆腐ではなく、寿司(言葉の響きとしては良い)でもない。
そして鮨でもない。

答えはひとつ。
ポールズのハンバーガーにクリームソーダかブラックチェリー
まさに人生の最後にかぶりつきたい。
友人からのNYレポートによると、店内を走るサブウェイは引退となったようだ。そして、その友人からベーグルが届いた。

以前から日本で買ってまで食べようと思うベーグルはないとよく彼に話していたところ、
NYで食べてきたであろうベーグルをヒントにつくったらしい。
プロのシェフが作るベーグル。
せっかくなので近所のKYウォールマートにてスモークサーモンを購入し、クリームチーズにレタス、トマトをはさむ。あとのものはシンプルにバター、クリームチーズをそれぞれ塗って食べる。
限りなくベーグルに近いバゲット。限りなくバゲットに近いベーグル。限りなく透明に近い。。。。
つまるところ、ベーグルではないのである。もちろん、多く見かけるパンのようなベーグルではない。

ベーグルは日本でいうところの、おにぎりのような存在だと思う。
通勤通学途中、ランチ、もしくは外出先で小腹が空いた時に1.25ドルぐらいで食べる。
トーストしてもらい、クリームチーズかバター、もしくはジャムを塗ってベンチで食べる。
きっと出先のコンビニ等でおにぎりを買う感覚に似ている。

でも、アミノサン味の純国産コシヒカリ米よりはマトモかもしれない。

余談ではあるが、
もし学生当時の自分が毎日学ランスーツを着て給与所得で家を住宅ローンで購入し、
(あくまでも住み替えが可能であるというのが最低条件ではあるが)
クルマを所有してという人生を希望していたのであれば、間違いなくこの調味料(アミノ酸等)で有名なA社を勧めたい。研究職となると、違った内容となってしまうのではあるが。

そして、ハンバーガーも同様なのである。 家の近所で10ドル以下で気軽に食べたいのだ。
今や和ベーグル、グルメバーガーというものがあるらしい。
しかし、まったくの私見ではあるがベーグルはベーグルであり、ハンバーガーはハンバーガーあってほしいのだ。

そこで上述の限りなくベーグルに近いセサミバンズを僕なりに使ってみた。
普段はめったに買う事のない牛肉を300g。
Burgle(バーグル)? Bager(ベイガー)?
まだしばらく人生は続きそうだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *