hana means flower in japanese

15年程前、ある施設から女の子を引き取った。
そして「はな」と名付けた。
HannaではなくHana。
家族として迎えるにあたって、施設に入った経緯を聞きたいか?
と訊かれたが、僕は聞かなかった。
引き取った当初は感染症にかかっていたものの、その後順調に育っていった。
3、4歳にもなると、遊びたい盛りとなり二人での散歩が日課となった。
毎週日曜日に限っては決まって6時30に起こされる。
そして牛乳瓶を抱えて公園へ向かうのだ。
飲み終えた瓶と引き換えに一週間分の牛乳とヨーグルトを買う。
そして、その場で牛乳を一杯ずつご馳走になる。
今でも記憶にあるのが、朝日の光と早朝のぼやけた感じの青空。
それから、他の農家の方達が販売する食材を購入しながら公園を散歩する。
「はなちゃんは女の顔をしてるわね。パパは渡さないって顔をしてるもの。」
こんな事を言われた事もあった。
やはり女性は大人になるのが早いようだ。
その後、交際相手の女性と住み始めて3人の生活となった。
彼女も実の子供のように、はなを可愛がった。
観ていると、母性と父性というものが必要な事を実感する。
そして、はなが8歳の時。
彼女の結婚が決まり、はなを引き取る事となった。
僕はそれ以来、はなとは会っていない。
はなも15歳になり、年頃? だ。
立派な老犬である。
僕の中には、8歳までのはなしかいない。
それはきっと、ご両親が歳を重ねても愛娘は7歳のままであり、13歳のままであるという事。
心の中の時間は止まっていて、それでも日常における時間は過ぎて行く。
時間は何人にとっても平等である。
それが人生という事なのだろうか。
神様、仏様、whatever様、where the hell are you?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *